blog 心のこと

出てきたものをただ、ただ、手放していく。

投稿日:2019年2月17日 更新日:


日常遭遇した場面で
自分の中から出てくる感情。

さいこう!
だいすき!
とかなら、いいんですが

それがあまり嬉しいものでなく、

予想外の出来事で悲しくもあり、

まだそんな仕打ちをされるのかと
被害者意識にまで到達するほど、

無念で、
くやしく、
なさけなく、
むかつくし、
残念で。

 

 

そうしたら

涙をながし、腹をたてて、おもいっきり感じきる。
泣いていいじゃん、怒っていいじゃん。

そりゃ泣くわ。
それは腹たちまっせ。めっちゃむかつく。

 

そうやって

出てきた感情を 感じきった後、その感情をただ、手放せばいい。

ありがとう、感じさせてくれて。と。

もう私はこの経験はしなくていいよと思ったら、
その感情と経験に『さようなら』をして お別れしましょう。


 

私は昨日、デカイのがやってきました。
まだ合ったのか、こんな感情と思うものでした。いやはや。ブロガーじゃない、(※イケダハヤトさんのことを書いていたらしいw 後日補足追記w)

 

 

私にとって『無価値感』との付き合い方はこの世での課題のひとつです。
それをクッキリと映し出すモノ=現実でした。

その『無価値感』から作り出されたモノをみて
そのとき、わたしの居場所はココには本当にないのだな。と思いガッカリしました。

※もうそのときの感情は統合(※浄化、手放しのような意味)してしまったのですが

 

デカイの、心の大きな動きがやってきたら、
実は『チャンス』です。

これを手放したら、どんだけ軽やかになるんだろう! と

統合をやっていると しんそこ、心の奥底から感じられ、
そして自分の感情が少し落ち着くと ニヤリ とできると思います。

 

やった、またこれで一歩前進だぜ。って。

 

大きな感情のうねりがやってきていると、
そこに飲み込まれて、うねりの中で上も下もわからず、ただもがきます。

しかし、それは実はチャンスなんだよ。ってあらかじめ知っていることがポイントです。

それは感情のたかぶりが落ち着いてから、自分が変わっていくきっかけとなります。

 

大きな感情のうねりがきっかけとなり、人生の体勢を立て直すチャンスとなるわけです。

 

ライン@にて無料相談しております。詳細はこちら

★似たテーストの記事

過去をネタとして笑えること


<スポンサーリンク>




-blog, 心のこと
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

心の旅路 DVD

3年目になりました

今日で3年となりました。 このブログ開始と、串本町を拠点をしたのが2017年。早いような、いつのまにかのような。今日は過去の要らないものにあらためて別れを告げました。 ありがとう。いままで。もーえーわ …

外に解を見い出す

2018年1月18日の日の出まえ@東京   外に何かを求める。自分以外との接点、考え方。 愛情であったり、意見の交換、さまざまな人間関係の形成。 それは当たり前の行為ですね。   …

沈黙は金|ラマナ・マハルシのおはなし

ラマナ・マハルシの教えの中で、 わたしの意訳ですが 『食べすぎない・寝すぎない・語りすぎない』 というシンプルなものがあります。 何かを自分に落とし込んでいくとき、語りすぎないことは大切な気がいたしま …

ひとを褒めるのはクリエイティブなこと

箭内さんのツイートが流れてきたので、ご紹介。 人をほめるのはクリエイティブなこと。広告の仕事も同じ。だけど、本人やみんなが聞き飽きてないほめ方をする。何でもほめる訓練をするといい。(箭内道彦)出典:h …

信念と志が尊ければ、ブレません

今日はTwitter 水琴窟さん(@genki2018)のつぶやきから ご紹介させていただきます。 <逃げることは負けではない> ①辛いことや苦しいことから絶対に逃げないことを信念にしている人は多いで …