blog 雑記

外に解を見い出す

投稿日:2018年1月19日 更新日:


2018年1月18日の日の出まえ@東京

 

外に何かを求める。自分以外との接点、考え方。
愛情であったり、意見の交換、さまざまな人間関係の形成。

それは当たり前の行為ですね。

 

しかし 外 と言い表しているものが、全て自分を表現しているとしたら。

自分と外の隔たりがないとしたら。

自分と他人との隔たりがないとしたら。

したら、ではなく、そうだとわかったら。

 

他人は必要なくなるのだろうか?

いや、より必要なものであると感じるのだろう。

 

ただ、外に解を見い出そうとするのではなく、
自分に解がある。自分の中に全部、解はある

そんな話が、なるほどと、腑に落ちてきた。

 

ひとりごとが今年は増えるかもしれません。
ここに書いていこうと思ってます。

タイトルが逆説なので、ちょっと紛らわしいなと思い、加筆しました。


<スポンサーリンク>




-blog, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

高野山に行ってきました

蓮華定院 2020年1月 1月に子供の誕生祝いを兼ねて、初めての高野山に行ってきました。 行きたい行きたいと思いつつ、早幾年。。 ゲストハウスと住居のある串本町から同じ和歌山県とはいえ時間もかなりかか …

2017年夏至の空@東京

2017年6月21日、東京の夜七時過ぎの空。 朝から雨がとても強くふり、台風のような天気でした。 改装中の事務所付近は、避難勧告がでる程の豪雨。 環境の変化がわかりやすく表現された日のように思います。 …

瞑想週間日記4 2020年12月14日〜20日

瞑想日記、4週目です。既に崩壊しつつ、、、 _____ 20201214(月) 評価 C(10分間) うまくいったこと 夜にちょこっとでも取り組めた 雑念・考えたこと 朝忙しいときのために、早起き30 …

沈黙は金|ラマナ・マハルシのおはなし

ラマナ・マハルシの教えの中で、 わたしの意訳ですが 『食べすぎない・寝すぎない・語りすぎない』 というシンプルなものがあります。 何かを自分に落とし込んでいくとき、語りすぎないことは大切な気がいたしま …

陰から陽へ

隠者のように、山の頂きで星をみるのではなく、 人のなかに入っていき、そこで灯をみること。 今世での裏テーマ、シナリオ。 隠者の世界が大好きなので、山にこもること、駆けまわることは引き寄せられるのです。 …