blog 雑記

外に解を見い出す

投稿日:2018年1月19日 更新日:


2018年1月18日の日の出まえ@東京

 

外に何かを求める。自分以外との接点、考え方。
愛情であったり、意見の交換、さまざまな人間関係の形成。

それは当たり前の行為ですね。

 

しかし 外 と言い表しているものが、全て自分を表現しているとしたら。

自分と外の隔たりがないとしたら。

自分と他人との隔たりがないとしたら。

したら、ではなく、そうだとわかったら。

 

他人は必要なくなるのだろうか?

いや、より必要なものであると感じるのだろう。

 

ただ、外に解を見い出そうとするのではなく、
自分に解がある。自分の中に全部、解はある

そんな話が、なるほどと、腑に落ちてきた。

 

ひとりごとが今年は増えるかもしれません。
ここに書いていこうと思ってます。

タイトルが逆説なので、ちょっと紛らわしいなと思い、加筆しました。


<スポンサーリンク>




-blog, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

田原-森戸崎の海霧|弘法湯温泉|串本町 和歌山県

腑に落ちる -ふにおちる-

腑に落ちる とは「自分が既に『知っている』から『わかる』」こと 『腑に落ちる』という感覚は体験したことがありますか? ¹腑に落ちる…『腑に落ちない』という慣用句からの派生語で明治時代から使用されたとの …

人に伝える・教えるタイミングはいつが最適?-まだ早い!は既に遅いかもしれない-

人に伝えたり、教えたりするときのベストタイミングはいつ? 人様にモノゴトを教える となると、 いいよ〜 とサッサと始められる人と、 いやいや、わたしになんて、まだまだ。という人の二種類に分かれると思い …

1周年を迎えることができました

去年の立春明けに はじめたこのサイト。 おかげさまで、1歳の誕生日を迎えることができました。 みなさま、ありがとうございます。 これからもどうぞよろしくお願いいたします! ココロの旅路 Related …

最近の空

最近クリアな空をみてる。 すっきり感がでてきた。ウチに、ソトに。 冬至まで、もう少し。 今日は古座に帰る。柚子を土産にして東京で冬至を過ごす予定です。   Related posts: 夏至 …

アイ・アム・ザット 私は在る―ニサルガダッタ・マハラジとの対話

内なる静かなところに『居る』ことを心がける -瞑想のすすめ-

すべての「なぜ」や「どうして」を知る必要はない。質問には終わりがないのだ。すべての欲望を放棄しなさい。マインドの沈黙を保ちなさい。そうすればあなたは発見するだろう。 ニサルガダッタ・マハラジ アイ・ア …