blog 雑記

高野山に行ってきました

投稿日:2020年2月19日 更新日:


蓮華定院 2020年1月

1月に子供の誕生祝いを兼ねて、初めての高野山に行ってきました。

行きたい行きたいと思いつつ、早幾年。。
ゲストハウスと住居のある串本町から同じ和歌山県とはいえ時間もかなりかかるため後回しになっておりました。

今回は、禊?も兼ねていたのであまり華美にならず(本当は一乗院にいってみたい等の母さんの欲望w)、瞑想や写経などの体験ができる宿坊観光協会さんにお願いしてチョイスしてもらったのが、宿坊 蓮華定院。

映画と一緒で私の場合、前情報を全く入手せずに訪れてみるのが結構すき。なので、そのままお願いしますと申し上げてGO!
(調べなさすぎて困ることは、あんまりない 道に迷って焦るくらいw)

前泊の大阪で楽しむ串カツ

当日は高野山では雪が積もっているとのこと、橋本駅に車を置いて電車とケーブルカーで高野山に向かいました。

上がれば上がるほど、白くなっていく地面。

美しくて気分も高揚します。

終点に着くと完全に雪景色。そこから蓮華定院に向かいました。

蓮華定院 山門

高野山 蓮華定院

するとなんと真田の六文銭の家紋が施してあります。お寺の方に聞いてみると、真田幸村の兄様信之とその家族が弔われているとのこと。

よくよく聞いてみると、真田昌幸と幸村親子が九度山で蟄居する前に、こちらの蓮華定院にて過ごしていたらしい。

真田ミュージアムにて

すごいところを引き当てたものだ、と感心する。

子供は『一番好きな戦国武将は真田信繁』※幸村の本名と言われています
と答える歴史好き。 

荷物を預けて奥の院と金剛峰寺を満喫。冷えた身体で宿坊にもどります。温かいおこたが待っていた!うれピヨ。お茶菓子もあって泣ける(くらいには寒かったw)。

夕方5時半からの瞑想は、希望した阿字観(あじかん)は素人には大変難しいものとのことで、数息観(すそくかん)というものを教えて頂いた。呼吸に意識をむけることで頭を空にしていく、ちょっとヨガ、アシュタンガにも似ている。

本堂は雪のせいもあるのかピンとした空気が張り詰めている。 嫌いじゃない世界。修行魂がうずきます。修行グセヤメレw 子供も瞑想タイムをしっかり務めることができました。

その後のお食事の汁椀のあたたかさが大変ありがたい。感謝。

 

次の日は朝一のバスで下山。橋本駅に戻ってからクルマで九度山にある真田ミュージアムに寄る(効率を考えるとそうなった、途中下車の旅はまた今度)。力の入った展示でなかなか面白かった 真田家の細々とした経緯も学ぶことがました。イベントスペースも工夫されている、そのときはさまざまな兜を展示していました。

 

その後、東京組と別れそれぞれに帰路につく。良い週末でありました♪

 

高野山からの下山後は、私は瞑想につく習慣もしっかりできあがり、子供は宿坊でいただいた麩が浮かんだ味噌汁を見て喜ぶ毎日。

いい体験ができました。ありがとう空海さん。好きすぎてファンクラブに入りそうw

募金しませんか?とファンクラブに入りませんか?だとだいぶ違う。コピーってすゔぁらしい。

その後、我がゲストハウスにも2組ほど高野山から来たという方、これから行く方に遭遇。ご縁はめぐるよ〜というお話ですね♪ おーきによー高野山☆


-blog, 雑記
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

重さを今日手放し、明日は身軽に生活しよう

抱えすぎない方がいい。その重荷を明日へ持ちこさない方がいい。重たいものをそこに置きなさい。意地を解き放し、一度、楽になったらいい。その命はだれのものでもない、君のものだ。まず、意地になってる自分を許し …

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 1月の新月が終わり、本格的な2018年の開始 という感じになって参りました。 空気感が変わり、仕事=役目での動きが加速していくタイミングですね。   今年、 …

田原-森戸崎の海霧|弘法湯温泉|串本町 和歌山県

腑に落ちる -ふにおちる-

腑に落ちる とは「自分が既に『知っている』から『わかる』」こと 『腑に落ちる』という感覚は体験したことがありますか? ¹腑に落ちる…『腑に落ちない』という慣用句からの派生語で明治時代から使用されたとの …

夢とのつきあい方 -夢となかよくなる その1-

春眠 暁を覚えず…とはよく言ったもので、春先はお昼寝もたのしく、朝のお寝坊もたまりません。。(わたしだけでしょうかw) 陽が長くなったのを感じとって、早起きモードに突入!っていう人もきっといますよね☆ …

アイ・アム・ザット 私は在る―ニサルガダッタ・マハラジとの対話

内なる静かなところに『居る』ことを心がける -瞑想のすすめ-

すべての「なぜ」や「どうして」を知る必要はない。質問には終わりがないのだ。すべての欲望を放棄しなさい。マインドの沈黙を保ちなさい。そうすればあなたは発見するだろう。 ニサルガダッタ・マハラジ アイ・ア …